オークションでLCCのチケットを買うリスク

- オークションでLCCのチケットを買うリスク

オークションでLCCのチケットを買うリスク

格安航空券をLCCの直販や旅行代理店のセールで手に入れる以外にも、オークションで安くならないか?と考える人も当然多いでしょう。
今や、高額チケットでさえもオークションで活発にやり取りされている時代なので、そういったチャンスも狙わなければもったいない気がします。

「LCCで払い戻せなかった格安航空券を、もったいないのでオークションに出したい」という要望もあると思います。
実際にそれは可能なのか?という問題について解説しましょう。


航空チケットの転売は原則禁止

ヤフオクなどで航空券を公式サイトのセールよりも大幅で値引きしているのは、つい魅力に感じてしまうでしょう。
ときには1円で売っているのも珍しくないので、ここで買っておかなければ損な気持ちにさせられます。

しかし、そんな一時の得のそばには大きなリスクが控えているのを忘れてはいけません。
各航空会社の約款では転売がはっきりと禁止されているため、購入する側まで厳しいペナルティが課される可能性もあるんです。
名義を誤魔化して搭乗しようとすると、カウンターの本人確認手続きで、身分証明書のチェックにより容易にばれるかもしれません。

そうなると、今後ブラックリスト入りになって航空機の利用自体を制限されてしまうのです。
自体がややこしくなると、警察沙汰にもなりかねません。
そこまで考慮すると、たとえスムーズに搭乗できるチャンスがあるとしても確実とは言えない以上、避けるべきではないでしょうか?

名義変更が行える場合

他人から譲渡されたチケットでも、名義変更の手続きを行ったうえで利用できるケースもあります。
しかし、それにも高い手数料が付くので、結局オークションで激安で落札した意味が無くなってしまいますね。
運賃に差額があると追加で料金を払わなければならないときもあります。
そこまで面倒なリスクがあるのなら、最初から公式サイトを利用したり、格安セールで購入したほうがずっと安全で確実です。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2016国内旅行するならLCCを活用していこう!All Rights Reserved.