福井県といえば東尋坊と永平寺が有名ですが…

- 福井県といえば東尋坊と永平寺が有名ですが…

福井県といえば東尋坊と永平寺が有名ですが…

福井県の観光名所といえば東尋坊と永平寺が全国的に有名ですが、あまり知られてないのに多くの見所があるエリアがあります。

それは大野・勝山両市を中心に岐阜県境にかけて広がる奥越エリアです。多分越前の奥の方という名前の由来でしょうが、このエリアは全国でも珍しい恐竜博物館がある事で最近注目を浴びてきました。

昔から恐竜化石が多く発掘されるエリアだったので、それを何とか観光資源にできないかと考えた県が恐竜専門の博物館を作って、恐竜博というイベントを15年程前に開催してからジワジワとその名前と存在が全国に浸透してきたようで、今では子供たちが行きたい場所として上位に食い込んでいるようです。

福井インターから1時間弱かかりアクセスが不便だったのですが、つい最近に中部循環道路が勝山まで開通して非常に便利になりました。
子供達だけではなく大人にも好評な博物館でリピーターも多く皇室の秋篠宮殿下の御子息悠仁様も来館されており、1日の予定を急遽変更して翌日も滞在したという逸話があります。

さて夏に恐竜博物館まで来て頂いたら是非足を延ばして欲しい場所があります。
それは平泉寺白山神社で社殿は全く?と言っていいほど立派ではありませんが、とにかく境内の苔が鮮やかでそそり立つ木々が本当に立派で背が高く、境内に日陰が多く出来て風も通るので夏でも涼しいのです。

その境内も本当に広く、社殿に行く登りもゆるい坂道と階段なので高齢者も歩く事が可能です。
この平泉寺というのは過去に栄華を極めていて僧も大勢おり、その中に粗暴な僧が一人おり困った周りの僧が遠く離れた海岸に誘い出して崖から突き落としたという伝説があります。

その僧の名前が当仁坊(とうじんぼう)である事から突き落とされた崖が東尋坊と名付けられたという民話があるくらいですが、じつは当仁坊は立派な僧だったという説もありロマン溢れる民話のルーツを訪ねてみるのも楽しいものです。

近くの駐車場には地元の牧場が飼育しているジャージー牛から取れる牛乳を使っているソフトクリームが以前から大人気で、境内に行かずにソフトだけを食べに行く人もいるほどです。
でも境内が一見の価値有りなので、是非足を運んで下さい。

他にも天空の城がカメラマンに大人気な大野城や壮大で涼しい六呂師高原など、見所が満載の福井県奥越エリアはとてもお勧めです。

関連記事:

Copyright(C)2016国内旅行するならLCCを活用していこう!All Rights Reserved.