国内旅行するならLCCを活用していこう!Lccの運賃の仕組みや口コミ情報

- LCCが格安運賃を提供できる理由とその仕組みについて

更新情報

サイト情報

LCCが格安運賃を提供できる理由とその仕組みについて

LCCと言われる格安航空会社は日本を始め世界中に広がりを見せておりますが、そんなLCCの格安料金を実現できる理由を探ってみましょう。更に、格安料金を購入する為にはいくつかの仕組みが有りますのでその事を良く理解しておく事で、ご自身が利用する場合にもお得に格安航空券を入手できる様になります。

LCCの特徴と格安運賃を提供できる理由やメリットについて

LCCとは格安航空会社(LowCostCarrier)の事で、現在では世界中の航空シーンに多くのLCCの参入が見られるようになっております。このLCCの最大の特徴は、安い航空運賃です。

LCCの各社が安価な航空運賃を打ち出せるのにはいくつかの理由が有ります。先ずは他の大手航空会社で行っている様な機内サービスが有料化されている為、機内サービスが不要な方はその分の料金負担が無くなります。これは日本国内程度の移動であれば機内サービスは不要と考える人が多い事を意味しております。

次に航空運賃に大きな影響を与える燃油サーチャージが最初から運賃に含まれている場合が多く、追加で燃油サーチャージ分の料金が掛からない運賃体系を取っている場合が多い為です。又、LCCの多くが行っている「往復割引」等の設定が無く、片道ベースの料金設定の航空券が発売されている為、安い航空券を購入する事が出来ます。

更に、LCCには新規参入した航空会社が多くありこれらの航空会社が使用する飛行機は、新しい最新型の機材を使用している場合が多くあります。この事は航空機の燃費の向上に大きな効果を上げる事が出来、その結果として私達利用者に対して格安の航空券を提供できる様になっております。

LCCの格安運賃を手に入れる仕組みと運賃の変動について

LCCの運賃が他の大手航空会社に比べ安ことは有る程度ご理解頂けたと考えますが、その運賃の設定方法を理解しておく事でよりLCCのメリットを受ける事が出来ると考えます。
LCCの運賃の仕組みは「空席連動型運賃」と言われる仕組みになっております。この空席連動型運賃とは簡単に言うと、空席が多い程価格が安くなると言う物で、出発日が近づくにつれて空席は埋まって行くのが一般的である為、出発日が近づくにつれて運賃は上がって行きます。

例えば利用者が少ない月曜日から木曜日は5,000円を切る運賃でも、週末が近づく金曜日では7,000円、更に土曜日では8,000と言う具合に、利用者の多い少ないで運賃を変動させて行く物です。又、「カウントダウン運賃」と言われる仕組みも有り、此方は大手航空会社で行っている「早割」と同じ様に、何日前に購入するといくら安く購入できると言われる物です

。例えば羽田と新千歳間の運賃を見た場合、予約が出発日の60日前であれば14,000程度の物が、28日前の予約では15,000円以上、更に3日前では17,000円以上、更に当日購入の場合にはおおよそ30,000円になります。その為、旅行等の計画が早い段階で決定している場合には、可能な限り早期に予約を入れる事が、航空運賃を安く出来るコツであるとも言えます。

LCCで国内旅行の計画をしている人へ

日本の空の便も、いよいよJALやANAといった大手航空会社の時代から、格安航空会社(LCC、ローコストキャリア)へと変化が進んでいます。すでに国内で実績のあるLCC、スカイマーク航空を皮切りにして、エアアジア・ジャパン、ピーチアビエーション、ジェットスターといった新規航空会社が勢いを見せています。

当サイトでは、これらのローコストキャリアの格安航空券をスムーズに手に入れて、お得な国内旅行の計画を立てるのに役立つ情報をまとめます。

格安航空券の確実な入手はスピードが大事

格安航空チケットは、旅行の日程が確定次第すぐに予約をしておくのが大事です。なぜなら、ローコストキャリアの価格変動は日ごとに繰り返されているので、ちょっと油断している間にあっという間に値上がりしてしまうからです。

すでに旅行のプランが組みあがっているのに、チケットの予約が遅れただけで大幅に変更を余儀なくされるおそれもあります。購入した後で内容の変更やキャンセルには苦労する格安チケットならなおさら、希望通りのチケットを早めに確実に押さえておきましょう。

複数人での旅行を予定しているのなら、全員分のチケットを確保するためにも早めのチェックが肝心です。


オンライン予約で希望のチケットを簡単予約

各キャリアのチケットの価格比較は、大手旅行サイトから行えますが、購入するときもそのままオンラインで予約と決済が完了できます。ローコストキャリアでは、チケット予約購入に加えてチェックインまでオンラインに対応させることで、経費の削減にもつながっています。予約をするには、主に以下の情報を伝えるだけでOKです。

「出発空港と到着空港はどこか?」
「搭乗する日時はいつなのか?」
「何人分のチケットを購入予定か?」
「片道チケットと往復チケットのどちらを選ぶのか?」
「(複数プランが用意されている場合)どのプランを希望するのか?」
「有料オプションの中で希望するサービスはあるか?」

各キャリアの公式サイトでは、国内格安飛行機の期間や時間限定のタイムセールも活発に行われています。チケットを購入したいときだけにサイトを訪れるのにとどまらず、定期的に目を光らせておくのもポイントです。

チェックインも早めに済ませよう

ローコストキャリアでは、運航数が多いのも魅力ですが、そのために運航スケジュールを詰め込んでいるので時間にはかなり厳しいです。いったん予定の便を逃してしまうと、次の便までにかなり待たされるのを覚悟しておかなければならないでしょう。

到着時間に遅れないためには、オンラインでチェックインを済ませておくのがオススメです。その方が、手数料もかかりませんし搭乗までスムーズに進めるといったメリットも少なくありません。ウェブからのチェックインにもまだ慣れていない人は多いと思うので、当サイトではその流れの基本についても説明していきます。

もうひとつ注意しておきたいのが、ゲートから航空機までの移動も結構時間が掛かるという点です。徒歩やバスといった手段で向かうことになるので、その移動時間も含めて余裕を持った出発を心がけましょう。

格安航空チケットでは座席の指定は制限されている代わりに、自由席の範囲なら早めに到着するほど好きな席を確保できるチャンスがあります。指定座席にこだわりがあるなら、多少オプション料金がかかっても事前に予約しておいたほうが確実です。(たったの数百円しかかかりません)

航空券サイトを上手く利用しよう

国内旅行の計画を立てる段階で、JTBやエクスペディアといった旅行サイトも利用すると、便利です。旅行代理店のツアーからチケットだけを購入するのも可能ですし、同時に宿泊先の事前予約の手続きも済ませられます。

何より、大手航空会社やローコストキャリアを問わず、一括での比較が一発でできるというメリットは大きいですね。旅行サイト限定のキャンペーンやセール情報も見逃せません。

シーズンごとに特集も組まれているので、旅行の予定で迷っている人は参考のためにも、覗いてみてはいかがでしょうか?急ぎのときや、パソコンサイトが混雑しているときには、モバイルからも利用できる航空サイトを探してみましょう。

このようなサービスは、大手の人気サイトだけでも10以上の数があります。ただの予約購入の手段に留まらないサイトごとの魅力があるので、できるだけ多くのサービスを試しに使って、利用しやすいサイトを探してみましょう。

Copyright(C)2016国内旅行するならLCCを活用していこう!Lccの運賃の仕組みや口コミ情報All Rights Reserved.